札幌で一人暮らしと節約

一人暮らし・節約・他雑記ブログ


札幌で一人暮らしをする為に使った初期費用、3つの抑える方法

f:id:kawabata100:20191206205318j:plain

一人暮らしするには、前家賃の他に初期費用がかかります。

なので、家電・家具の予算の他に初期費用のお金を用意しなければなりません。

部屋の広さ・契約条件・家賃によって、この初期費用の金額が変わってきます。

一般的には、このような費用が掛かります。

前家賃(水道代込、管理費、町内会費込)

敷金、礼金

仲介手数料

火災保険(2年毎)

ハウスクリーニング代(消毒料・エアコン&暖房分解清掃料)

・保証会社利用による保証費

引越し代

 

 

私は、その中でも家賃の安い部屋を借りているので、初期費用もそこそこ安く済んでいます。

札幌は、日本の中でも家賃が安いと言われています。

新築やペットを飼う!とかじゃない限りは、礼金がかからない場合が多いです。

敷金や仲介手数料がかからない・・なんて物件もありました。

 

 

 

私が実際にかかった初期費用

f:id:kawabata100:20191206213046j:plain

◎前家賃(水道代込、管理費、町内会費込)32000円

◎敷金・礼金0円

◎仲介手数料27000円

◎住民票代350円

◎連帯保証人の印鑑証明書350円

◎顔写真(スマホ撮影)0円

◎火災保険(2年毎)15000円

◎ハウスクリーニング代40000円

◎引越し代18000円

 

前家賃込みですが、13万円以上かかってます。

保証人が必要ない物件で、保証会社利用が必須の場合はもっとちょっとかかります。

 

一人暮らしの部屋を探す時に、色んな物件を見ましたが、ほとんどが敷金・礼金の代わりに、ハウスクリーニング代がかかります。

他にも、強制的にオプションを付けられる場合があります。

アパマンショップ爆発で問題になった、消臭料なんかもそうですね。

 

値切り交渉

f:id:kawabata100:20191207224113j:plain

初期費用の中で値切り交渉ができる物はこちらです。

・家賃(もしくは管理費)

・仲介手数料

・敷金、礼金

・引っ越し代

 

私が実際に値切り交渉したもの

・家賃

・仲介手数料

・引っ越し代

 

家賃を値切る方法

・家賃予算を少なめに見積もっておく

・入居は引っ越し繁忙期(1月~3月)を避ける

 

 

・家賃にかけるお金を少なめに見積もっておく

例:本当は3万円までだけど、2.8万円までなど。

希望通りで3万円まで!と伝えると、不動産屋の営業マンによっては、予算オーバーな物件を出してくる事もあるそうです。

私もやられました。

駅に近い事をゴリ押しされて、3.2万円(プロパンガス物件)・・(笑)

 

少なく見積もっておくと、大家さんと交渉しやすいと営業マンも言っていましたね。

私の場合は、

管理費込みで3万円以下(プロパンガスの場合)、都市ガスならもうちょっとオーバーしてもいいという条件を提示。

2.9万円→2.8万円に家賃が下がりました。

 

 

・入居は引っ越し繁忙期(1月~3月)を避ける

12月~3月頃は家賃交渉が難しいと言われています。

入居が大体落ち着いた4月~11月が家賃交渉するにはオススメです。

アパート・マンションの大家さんは、

入居者がいない=家賃収入が入ってこない状態が大家さんにとって一番困ります。

「下手したら来年の1~3月まで入居者が決まらないかも・・」なんて思っているかもしれません。

なので、家賃を下げてでも、すぐに入居してほしいという思いがある訳ですね。

 

1月頃からお部屋探しをする人が増えてくるので、

12月では、後ひと月待てば「家賃下げずに入居してくれる人が出るかも・・?」と大家さんが考える可能性があるので、12月は家賃交渉が難しいと言われています。

1月~3月は、あなたが決めてくれなくても、他に借りたい人がいるかもしれないという考えから、家賃交渉が難しくなります。

 

私の場合は4月初旬に不動産屋に行き、家賃交渉に成功しました。

といっても営業マンが交渉してくれたんですが(笑)

 

仲介手数料を安くする方法

①不動産屋を通さないで直接管理会社、大家さんに申し込む

②仲介手数料0円の不動産屋を利用する

③複数の不動産屋に相談し、交渉する

 

 

①不動産屋を通さないで直接管理会社、大家さんに申し込む

おすすめの方法ではありますが、家賃の交渉や手続きなども自分でしなければなりません。

私は知識がなくて、実践できませんでしたが、管理会社や大家さんに直接申し込む事もできるようです。

 

あまり気持ちのいい方法ではないですが、

不動産屋に物件を紹介してもらって、資料だけ貰って帰る。

気に入った物件があったら、その管理会社や大家さんと直接連絡を取ります。

大家さんは不動産会社に仲介手数料を払わなくて済むので、不動産会社には悪いですが大家さんに喜ばれる方法です。

 

 

②仲介手数料0円の不動産屋を利用する

仲介手数料0円の不動産屋を利用したら仲介手数料はかかりませんが、契約書の確認必須です。

余計なオプション(消臭料・消毒料)が強制的に付いている場合があります。

このオプションが仲介手数料の代わりって事ですね。

後は、更新手数料・更新事務手数料なんて名目で何年かおきに、お金を徴収される場合もあります。

 

不動産屋さんは、大家さんと借主から二重に仲介手数料をもらっている・・という話も聞きます。(半分づつの場合もあるのかな?)

大家さんが多めに払っている場合で、オプション・手数料が何もない場合は、ありがたく払ってもらいましょう。

 

③複数の不動産屋に相談し、交渉する

ネット上に実際にやった人がいて0円になったとの事です。交渉上手な人ですね(*‘ω‘ *)

お部屋を探す時は複数の不動産屋さんに行くのが基本になります。

A社とB社の物件資料を持ち込み、「A社の仲介手数料は○○円だったんだけど・・」と言って交渉します。

不動産営業マンも他所にお客さん取られるくらいなら・・と仲介手数料を値引きしてくれます。

(値引き前提で、高い仲介手数料を提示している場合もありますので、一概には言えませんが・・)

私の場合は、③をして5000円くらい下がりました。

 

引越し代を安くする方法

・自分で運ぶ&友人に手伝ってもらう

・ネットの引越し見積もりに依頼する

 

 

・自分で運ぶ&友人に手伝ってもらう

かなり荷物が少ないと難しいですが、車がある場合は可能です。

引っ越し業者に頼むと、最低でも1.5万円以上はかかります。

友人などに手伝ってもらう場合は、後で焼肉でもご馳走しましょう。

 

②ネットの引越し見積もりに依頼する

私はネットの引越し見積もりに依頼しました。不動産屋の紹介の引越しセンターより安く引越しできました。

ネットの引っ越し見積もりに、引っ越し地域・時期・荷物の数・部屋の階数などを登録すると、複数社から一斉に電話がかかってきます。

複数から一番安くて、信頼のある会社を選べます。

お金のない私は、もちろん交渉もします(笑)

「A社は時間指定ありで、○○円だったんだけど・・」とか言ったら、3000円程値引きされました。

5月末の引っ越しで、

時間指定なし25000円(不動産会社紹介の引っ越し屋さん)時間指定あり18000円まで下がりました。

hikkoshi.suumo.jp

 

2月~4月上旬は料金が高く、予約が中々取れなかったり時間指定ができなかったりします。引越し時期を選べるなら、この時期を避けた方が無難ですね。

引越し屋さんの閑散期(6月や8月など)だともっと安いかもしれません。

ちなみに、ゴールデンウィークなどの長期の休みも引っ越しする人が多く、料金が高くなるそうです。

 

個人的に、今までで一番良かった引っ越しセンターは・・引っ越しのサカイ、アート引越しセンターですね。

(料金は高めですが・・)

安い所は、それなりだと思った方がいいかもしれません。

 

ぶつけて壊されたり、お部屋を傷つけられたりした時のために、家電・家具・お部屋の損傷への補償が付いてるかもチェックしましょう。

 

まとめ

初期費用は10万円以上かかる。

中でも、

・家賃(もしくは管理費)

・仲介手数料

・敷金、礼金

・引っ越し代

は値切り交渉ができる。

 

上手に初期費用を浮かして、家具や家電を良い物にアップグレードしたり、お部屋にアレンジを加えたりしたりもしたいですね。

 

以上です。

皆さんのお部屋探し・引っ越しの助けになると嬉しいです。