Photoshopでタバコの煙アニメーション+男キャラ。

わかな
Photoshopで男キャラ+煙のアニメーションを付けてみました。
以前、こちらの記事で吐息を付けたアニメーションと同じ原理です。
関連記事

動画編集ソフトじゃないけど、Photoshop(画像編集ソフト)を使って雪が降るGIFアニメーションを作りました。 わかな しかし、雪や雨を降らすアニメーションは「AfterEffect」の方が楽だし速く作れます。 P[…]

キャラを描く

ラフを描きます。
横顔にしてみました。
回転したり、切ったり貼り付けたりして形を整えます。
形を整える時は、自撮りした写真(資料)があると便利です。
形を整える時に、別レイヤーを新規作成して、デッサンが狂っていないか確認します。
服を着ていない裸の状態を描いて形を確認します。
下絵を透かして、線画を描きます。
煙部分はアニメーションするので、レイヤーを分けておきます。
色を入れる。
影を入れる。
好きなサイズにカットします。
グラデーションを入れて光を調整しました。
レイヤーは、タバコの煙①と②に分けます。
私の場合は、黒い線も分けているので、4つあります。
(白い煙だけでもOK)
タバコの煙(白)①と②、黒い線①と②。

アニメーションを付ける

ウィンドウから「アニメーション」を出し、5秒のアニメーションに設定しました。
(時間設定はお好みで大丈夫です)
イメージ的には、2回煙が上がる感じで作っています。
0秒~2.5秒で1回目、1.7秒~5秒で2回目という感じです。
0秒~2.5秒で画面上1回目のフェードアウト、1.7秒~5秒で2回目のフェードアウト。
<①>
0秒で最初の位置→2.5秒で上に移動+不透明度も0%→100%→0%に変更。
<②>
1.7秒で最初の位置→5秒で上に移動+不透明度も0%→100%→0%に変更。
わかな
後は再生しながら、変な動きになっていないか確認して調節していきます。
完成です!
目パチのやり方はこちら↓
関連記事

Photoshopという画像編集ソフトで人物の目を瞬きさせてみました。 アニメやノベルゲームでもよくやっているやつです。 こちらで作った画像を加工しました↓ https://www.komacha10800.com/wordpre[…]

感想

イラスト描くのもそうですが、アニメーションはより良くしようと思うとどこまでも作業してしまいます。

しかし、こだわり抜いた自分の作品は愛おしいので、後から見直すとニヤニヤしてしまいます(^^;)

イラストよりアニメーションは大変ですが、一度作ってみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村

絵日記ランキング

最新情報をチェックしよう!