無能な働き者は処刑するしかない:ゼークトの組織論を考察

わかな
みなさん、ゼークトの組織論って聞いたことがありますか?

とても面白い格言です。

(以下Wikipediaから引用)

ja.wikipedia.org

軍人を「利口、愚鈍、勤勉、怠慢」の4つのタイプに分ける「ゼークトの組織論」と呼ばれる軍事ジョーク。

有能な怠け者

これは前線指揮官に向いている。 理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。

有能な働き者

これは参謀に向いている。 理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。

無能な怠け者

これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。 理由は自ら考え動こうとしないので参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。

無能な働き者

これは処刑するしかない。 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。

(ここまで引用終わり)

わかな
確信を突いた鋭い事を言っていると思いませんか?

偉人のジョークですが現代社会でも使えそうなので、私の周辺や会社に当てはめて考察していきます。

自身や周りで当てはまる人が居ないか一緒に考えて行きましょう。

以前にこのような記事を書かせてもらいました↓

関連記事

わかな 社畜を全滅させれば、みんなが幸せになれるんじゃない? ねこ学者 なんだか物騒だ。 そんな疑問を持ち、この記事を書かせていただきました。 「会社では一生懸命やらなくていいよ」と教えてくれた[…]

無能な働き者を少しでも減らし、私たちが楽に・たのしく・快適に過ごす為の布教記事です。

スポンサーリンク

現代社会においての私的解釈:ゼークトの組織論

有能な怠け者

これは前線指揮官に向いている。 理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。


私的な解釈

有能で、なんでも自分でやってしまう働き者が上司だと部下が育たない。
これは子育てにも言えそうですね。

親がなんでもやってしまうと、子供は将来何も出来ない大人に育ってしまう。
料理・家事・仕事・人間関係等々。

楽に仕事する・進める事を常に考えている人が上司に向いてる。
私が尊敬する上司がこの手のタイプの人間です。少し働き者の要素もありますが・・。

人に指示を出すのも上手く判断力にも優れていて、こちらが仕事をしやすいように裏で色々と動いてくれている。
自分の仕事も抜かりないし、いつも冷静。

わかな
会社のせいで、責任と大変な仕事を沢山回されてかわいそうですが‥。

自分がやるべき仕事と、人にやらせるべき仕事が分かっているんですよね。
私が100年修行しても同じことができる気がしないです(;´∀`)

有能な働き者

これは参謀に向いている。 理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。


私的な解釈

有能だけど自分でなんでもやってしまうので上司には向かないという事ですね。

私の親戚に有能な働き者タイプがいます。

あらゆる事を器用にこなしてしまうスーパーマンみたいな人ですが、この人がやってくれるからと周りの人は考えなくなるし、動かなくなる。
結果的にダメ人間を作ってしまうんですよね‥(-_-;)

うちの会社でもいますが、この人が居なくなった(辞めた)時点で混乱が起きることが予想されます。

有能な働き者が向いている役職は社長秘書でしょうか。
下準備を怠らない、気が利いている人ならバッチリ合っていますね。

私が個人的に思う欠点が、この手のタイプは自分の仕事レベルを周りにも求めてしまう事がある。

無能な怠け者

これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。 理由は自ら考え動こうとしないので参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。


私的な解釈

プライドや意識が低く、扱いやすい人間という事ですね。

総司令官にも向いているのが、私的には意外でした。(総司令官=置物?)

わかな
私の祖母がこのタイプですね。

家庭では毒親でダメダメなんですが、指示してくれる人がいる状況だと力を発揮します。
仕事では積極的に考えて動こうとしないけど、与えられた仕事はキッチリこなすようなタイプの人です。

最近流行りの指示待ちゆとりと言われている人もこちらのタイプに分類されると思います。

無能な働き者

これは処刑するしかない。 理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こすため。


私的な解釈

処刑されるのが無能な怠け者じゃない所が、ゼークトさんの鋭い所ですよね。
本質を見抜いているなぁと。

さて、この記事のメインデッシュ(笑)です。

将棋の駒に例えてみます。

「無能な働き者=勝手に動く歩兵」が司令塔(あなた)の指示通りに動かず、敵陣に突っ込み自滅、さらには大事な飛車・角行(有能な働き者・有能な怠け者)までも奪われ玉将(会社)を守りきれず投了(倒産)に導いてしまう。

わかな
分かりにくい例えですね。汗

無能な働き者タイプはプライドが高く、扱いづらい。
自分で正しい判断もできないのに勝手に行動し、さらなる問題を持ってくる。

私自身も以前は無能な働き者でしたし、未だに周りにも沢山います(笑)
皆さんは心当たりがありませんか?

会社ではクビにされるorしたいタイプの人間です。

勝手な判断で物事を進めるオジさん・オバさんより、指示待ちゆとり君の方がマシ。

わかな
私の母親がこのタイプですね。

プライドが高く、扱いづらい。勝手なことをする。仕事場では上司に嫌われるタイプです。
一生懸命やっているのに!が口癖です。不平不満が多い。若い子を指示待ち君だと馬鹿にする。

そして誤った判断で人に指示する事も多い。

なので、どんなに口が上手くても、一生懸命でも絶対上に立たせたらダメなタイプです。周りの人間関係や組織が崩壊する可能があります。優秀な人も逃げます。

社長・人事部署では役員を決める時に判断を誤らないようにしてもらいたいですね。

自身で実践と結果

働き者はダメだという考えにしたがって、常に楽をする事を軸に物事を考えるようになりました(人を傷つける・嫌がらせする・陥れる事以外でね)

楽に仕事をするため考える事

・有能な怠け者と仕事をする時は、阿吽(あ・うん)の呼吸ができるので、お互い安心して仕事が出来ます。さらに自分の作業に集中できる。

・有能な働き者と仕事をする時は、何も考えなくていいから楽です。「駒」になったつもりで指示通りに動きます。何か起きたらその人の所為なので(笑)有能なので問題起きることも少ないと思いますが(^^ゞ

・無能な怠け者と仕事をする時は、行動力はありませんが同じ空間にいて仕事がしやすいですね。素直に聞いてくれるし。協力し合って仕事を進めます。

・無能な働き者と仕事をする時は、自分が不利益を被らないように&巻き込まれないように細心の注意を払います。責任から逃れるタイプが多いので人のせいにされる可能性があります!

わかな
楽をする事を軸に物事を考えるようになってから、無能な働き者以外の人とは上手く行くようになりました。

物事を判断する時に迷わないし、誤った判断も減りました。

もし上の立場に任命された時、自分にとってそれは楽にできる仕事なのか?」or「自分にとって利益があるのか?」のみ考えればいいので判断をする時に迷わなくなりますよ。

楽をしたらバチが当たる‥なんて思ってはダメです。
一番いいのは、みんなで楽ができる事なんだから。率先して行いましょう。

わざわざ、進んで苦労をしたいと思っているのは精神を病んでいる自罰的な人か、根性論バカか、ドMな人(笑)だと思います。

ねこ先生
楽をする為の努力はドンドンやってOK~。

※無駄な根性論が大嫌いなのでボロクソに書いています。不快な方いたらごめんなさい。

まとめ

無能な働き者は処刑されるという考えはいかがでしたか?

私は「ゼークトの組織論」核心を突いた素晴らしい格言だと思います。

自分が無能な働き者タイプだったり、周りでこのような人が入れば「ゼークトの組織論」を教えてあげてください。

人事権がある社長や人事部の方にも役員を選ぶ時に意識してほしいですね。

そして、無能な働き者を少しでも減らし‥

わかな
みんなで楽ができる世界にしたいですね。

以上
無能な働き者はいらないって話でした。
本日も訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!