Photoshop使いがCLIPSTUDIOのお試し版使ってみた。

わかな
普段Photoshopを使ってお絵描きしていますが、CLIPSTUDIOというソフトが気になったのでお試し版を使用してみました。

CLIPSTUDIO(クリスタ)は、マンガイラストを描くための機能が全て揃っている人気のお絵描きソフトです。

・マンガで使うトーンが豊富
・ペンの種類が沢山ある

・デッサン用3Dモデルが使える
・写真からマンガ背景が作れる
・アニメーションが作れる

CLIP STUDIO.NET

【グラフィックソフト売上No.1】漫画、イラスト、アニメからデザイン、ZINEまで、作品制作に幅広く使えるPCソフト/i…

使ってみて感じたのは、慣れるまでは大変そうだけど、慣れたら神ツールになる予感がするという事。
・クリスタってどんな感じ?
・Photoshopと比べてどう?
・デジタルイラストに挑戦したい!

・デジタルマンガに挑戦したい!
色々といじってみた事を書いていきます(^^)
ただし、30日無料版だと制限がかかっていて、できない事がありました(画像の保存・3Dモデルの使用など)。
なので、できる範囲で試した事になります。

ツールや画面など

画面はこんな感じでした。
PhotoshopやSAIと似た感じですね。
※SAIも絵師さんの間で有名なソフトで、使っている方が多いです→https://www.systemax.jp/ja/sai/

SAIより画面上に情報(ツール)が多いので、デジタルイラスト初心者さんは混乱しそうな感じです(^^;)

色んなペンを使ってみました。
マーカーっぽいペンや鉛筆風のペン、Gペンなど色んな種類のペンが使えます。
クリスタは、ブラシとペンは分かれているようですね。

わかな
私はIntuos4という古い板タブレットを使っていますが、筆圧感知も良い感じです。

クリスタで写真をマンガ背景にしてみた

以前Photoshopで写真からマンガ背景を作るという加工をしてみました。
関連記事

写真からマンガの背景が作れると聞いて、参考サイト様を見ながらやってみました。 手順を覚えれば簡単です(^^) わかな マンガを描きたいけど、背景を描くのは大変そうだなぁ‥と思っている方にもオススメの方法です。 参考サ[…]

クリスタの「レイヤーのTL変換‥」という機能を使い、同じ加工をクリスタでもやってみました。
※「レイヤーのTL変換」はPROでは表示されなかったので、EXのみの機能のようです。
画像小さいですが、こんな感じです。
マンガ用トーンは制限がかかっていて貼れませんでした(^^;)
わかな
トーンは試せませんでしたが、ベタは簡単にできます。

クリスタの素材を見てみた

お試し版では3D素材を使う事ができませんでしたので、どんなものが入っているのか見てみました。
左から、
・3Dモデルのポーズ
・模様、背景
・小物
・キャラクター
・マンガ用の枠
イラストやマンガを描く上で必要なものが色々用意されていますね(^^)
これは便利そう。
これに先ほどの「写真からマンガ背景を作る方法」を使えば、背景・小物を描く手間を大幅に減らす事ができそうです。
デコレーションというスタンプ(?)を使ってみました。
・音符
・羽根
・ハート
・血痕
・キラキラ
など他にも色んな模様が付けられます。
わかな
Photoshopより種類が多いので、これも嬉しい所。

クリスタでお絵描きしてみた

簡単なワンコを描いてみました。
Photoshopとショートカットキーや勝手が色々違うので、簡単なイラストでもかなり時間がかかりました。
例えば・・
・あれ?Zキー押しても虫眼鏡ツールにならないぞ‥
・Bキーはブラシ?
・ペンのサイドボタン押しても、ペンの太さ変えれない?
・色変える時はパレット上でダブルクリック?
‥こんな事が起こって、時間がかかりました(^^;)
わかな
初期設定では使いづらいので、ショートカットキーはカスタマイズする必要がありそうです。

Photoshopとクリスタ比較

Photoshopは画像編集ソフトなので、クリスタのようなイラストを描くソフトとは違いますが、個人的に良かった点・悪かった点を書かせてもらいます。

お試し版のみの使用ですが、慣れればメリットの方が多いと思いました。

良かった点

・Photoshopより値段が安い
・デッサン用の資料がすぐ手に入る
・初心者でもマンガが描きやすい
・フィルターも十分

Photoshopより値段が安い

イラストやマンガ作成用に使う場合、Photoshopの値段から考えると、クリスタはコスパ良し・機能良しです。
2020年時点のPhotoshopは買い切りができません、月額で980円(最安値の場合)。CLIPSTUDIOは買い切り可能でPROは5000円、EXは23000円。
※廉価版であるPhotoshopエレメンツは買い切り可能。クリスタは月額契約もできます。

Photoshop(月額980円)を2年使った場合の料金が23520円なので、2年以上使う前提ならクリスタEXの買い切りがお得です。
PRO(買い切り)に至っては、6か月以上使ったら元が取れます。

デッサン用の資料がすぐ手に入る

プロのイラストレーターやマンガ家ではない素人は、資料をもとに作品を作っていきます。(ただし複雑なものを描く時は、プロでも資料を使う)

資料探しや写真の用意は結構時間がかかります。
描きたいアングルの資料が見当たらなかったり、2人以上のモデルが必要だったりと探すのが大変です。

そんな時にデッサン用の資料がすぐ手に入れば、作品作りの時間を大幅に短縮できます。

初心者でもマンガを描きやすい

前の方でも書きましたが、
マンガのコマ割りテンプレート・トーン&デコレーションの種類・3D素材からマンガ背景を作るなどマンガ作成に便利な機能が豊富です。

初心者はコマ割りの方法もわかりませんし、背景を手書きするのも敷居が高い。
そんな時にコマ割りのテンプレートや写真からの背景作成が使えれば、心折れずに続けられます。

フィルターも十分

Photoshopより種類は少ないですが、加工でよく使う「ぼかし」や「モザイク」なども入っています。

個人的には種類が多すぎると混乱するので、フィルターは少ない方が良いと思っています。
(Photoshopでも使った事がないフィルターも多い)

悪かった点

・Photoshopと勝手が違いすぎて混乱
・ショートカットキーの違い

Photoshopと勝手が違いすぎて混乱

SAI(ペイントツール)はPhotoshopと似ていてまだ使いやすかったのですが、クリスタは勝手が違いすぎて混乱しました。
機能やツールが多くて便利な反面、初めてデジタルイラストをやる方は混乱する可能性が高いと思います。
わかな
Photoshopを使い慣れている私でも、使い方講座などで、多少勉強が必要かなと思いました。
CLIP STUDIO | 創作応援サイト

クリエイターの創作活動を応援します。便利な素材のダウンロード、プロから学べる講座など、創作活動に役立つ様々なサービスを提…

ショートカットキーの違い

SAIと似たような感じでしょ?
‥と勝手に思っていたので、予想以上に苦戦しました(^^;)

前述しましたが、ショートカットキーが違うのでイラストを描く時に普段の倍以上の時間がかかりました。

自分仕様にカスタマイズできれば、この問題は解決できると思いますが‥(^^;)

ショートカットキーを割り当てる左手デバイスという物が発売されています。
これちょっと欲しい・・(゚∀゚)

まとめ

これからデジタルイラスト・マンガを始める方は、CLIPSTUDIOがオススメです。
制限がかかっていて試せませんでしたが、アニメーションも面白そうです(^^)

私も本格的にマンガを描くことになったら、CLIPSTUDIOに移行しようと思っています。
もしくはパソコンの買い替えでPhotoshopが使えなくなったら。
(現在は古いバージョンの買い切りPhotoshopを使っています)

画像編集がしたいのか、イラストやマンガが描きたいのかにもよりますが、値段・機能面を総合的に判断して私はPhotoshopよりCLIPSTUDIOが良いという結論です。
Amazonで買うより公式サイトからダウンロードの方が安いです。

最新情報をチェックしよう!