Photoshopでイラストの目をパチパチさせてみた。

Photoshopという画像編集ソフトで人物の目を瞬きさせてみました。
アニメやノベルゲームでもよくやっているやつです。
こちらで作った画像を加工しました↓

WordPressサイト用のプロフ画像をphotoshopで描いてみた。

作り方は簡単です。
目を開いている画像と閉じている画像を2枚用意して、交互に表示すれば動いているように見えます。
もっとリアルな動きにしたい場合は、①目開いている画像②半分目が開いている画像③閉じている画像を用意。
①→②→③→②→①…と繰り返し表示していきます。

 

スポンサーリンク

Photoshopって何?

写真、画像、デザインの作成と加工なら、Adobe Photoshop。世界最高峰の写真編集とグラフィックデザインソフトウ…

Photoshopは、画像を編集するソフトです。
例えば・・写真を切り取ったり、縮小させたり、合成させたり、色調を変えたり、文字を入れたり、イラストを描いたり、GIFアニメなんかも作れます。

以下に出来る事の例を書きました。
(画像は、ぱくたそさんでお借りしています)

人物と背景合成

↓画像を合成

わかな
色域指定で人物のみを切り抜き背景画像に合成しました。色域指定が難しい場合(背景と同系色)はペンツールなどを使って切り抜きます。

バラバラな画像をアルバム風に

バラバラな猫画像をアルバム風にしたり↓

わかな
Photoshopに蝶々のブラシがあったので装飾してみました。

色調補正:昼から夕方に

↓昼間の画像を夕方の画像に変化させてみました(クリエイター新海誠さんっぽい色調になりましたね)

わかな
元画像に赤系の補正をかけ、更に上に覆い焼きリニア(加算)のレイヤーを用意し、暗めなオレンジグラデーションをかけました。

GIFアニメ:目をパチパチさせる

目を開いている画像と閉じている画像の2枚を用意します。

Photoshopのアニメーションという機能を使い、キーフレームのウィンドウを出します。

キーフレーム(アニメーションタイムライン)のウィンドウが出ました。
15f(1秒の半分)→0.5秒1.5秒2.5秒‥、01:00f→1秒、02:00f→2秒です。

目が開いている画像を上のレイヤー①、閉じている画像②を下のレイヤーにしています。
いじるのは上の目を開いているレイヤー①。
不透明度を100%→0%→100%と表示する事で、瞬きしているように見せています。
不透明度100%の状態だと、上のレイヤーが画面に表示されます。

フレームの中にあるダイヤのマークを打って不透明度を変えていきます。
♦(不透明度100%)→♦(不透明度0%)→♦(不透明度100%)のように指定していきます。
不透明度は右側のレイヤーで変えています。ダイヤの間隔が空く程、ゆっくりと不透明度が変わっていきます。

わかな
完成したらgif形式で保存します(パチパチ動作を1度しか再生しないか、無限に再生するか選べます)。


口パクにも応用できますね。

まとめ

Photoshopでも目パチ、口パクのような簡単なアニメーションを作れます。
久々にアニメーション機能を使ったので、結構使い方忘れていました(^^;)

私は使った事ありませんが、イラスト特化ソフトCLIPSTUDIOでもアニメーションを作れるようです。

Photoshopは現在、1か月から36か月分で購入できますが、結構な値段しますね。
(私が買った時は、買い切りでした)

本当はAfterEffectでのアニメーションを紹介しようと思っていたんですが、PCをWindows10にしてから使えなくなっていました‥。

AfterEffectは雨や雪を降らせたり、パズルピースが崩れるアニメーション・ガラスが割れるアニメーションを付けたり、ビームのような光線出したり、結構すごいソフトです。
ただAfterEffectはクソ高いので、多分買いません(笑)
コンプリートパッケージ版しか見当たらないし‥

わかな
いや~、久々に動画やイラストに触れると楽しいですね。

液タブ欲しす‥

以上
目パチ画像を作ってみたでした。
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!