【札幌】一人暮らし不動産屋に行く前に準備する事、シミュレーション&情報収集。

初めての一人暮らしはテンションが上がりますよね(*”ω”*)

スマホで検索した時に、

わかな
この部屋すてき~、ロフトかっこいい!なんてウキウキしながら検索していました。

しかし、

一人暮らしは下調べを入念にしないと失敗します。

おまけに2年契約という縛りがほとんどで、途中で気に入らなくなって2年以内に引っ越す場合は、違約金として余計なお金がかかります。

なので、一人暮らしは住みたい地域のシミュレーション&情報収集必須です。

絶対、後から後悔します。

ネット上でも適当に決めてしまって失敗した!と嘆いている方が沢山いました。

2人暮らしの知り合いの方ですが、まったくシミュレーションせずにキレイにリフォームしてあるからいいか・・と適当に部屋を借りてしまって大失敗した!と言っている方がいました。

あと、不動産屋さんがオススメするままに部屋を借りて失敗した!という声もありました。

どんな事をシミュレーション&情報収集したらよいか?

どんな所に気を付けるべきか?

私がお部屋選び(札幌)で、気を付けた事を書いていきます。

スポンサーリンク

不動産屋さんに行く前にする事

絶対外せない・できれば欲しい・あればいいかな?条件を決める。

全てを叶えてくれる物件は無いと思いましょう。

あっても家賃がバカ高いとか、事故物件って場合もあるかもしれません。

不動産屋に行く前にスマホ・パソコンからスーモホームズにアクセスし、目ぼしい物件を見ておきましょう。

(○○駅徒歩〇分、家賃、相場、築年数など)

気に入った物件があったらメモしておきます。

あとは事前予約をおすすめします。

不動産屋に行った時、やり取りがスムーズになって時間短縮ができます。

予約時に気になっている物件をメールで伝えておくと、類似物件をあらかじめピックアップしておいてくれます。

絶対外せない条件を決める

例えば、こんな条件です↓

・家賃は4万円まで!

・地下鉄から徒歩5分以内!

・鉄筋コンクリート造!

・駐車場あり!

これだけは、「絶対外せないという条件」です。

検索で何百件と出てくる物件を数十件に絞ってくれます。

ちなみに私の場合は、こんな条件でした↓

・家賃(管理費込み)は3.5万円まで

・JR(電車)から徒歩15分以内

・車庫上じゃない2階以上の部屋

・灯油暖房もしくは都市ガス暖房

・日当たりがいい

理由

家賃は収入の1/3以内を目安に・・と言われています。余裕を持ちたいなら1/4。

3.5万円というのは都市ガス物件という条件付きでした。

プロパンガスなら3万円まで。

家賃ここまでしか払えませんと意思表示しておくと後々、家賃交渉に役立ちます。

通勤にJRを使っているので、徒歩圏内を選んでいます。

本当は10分以内が良かったんですが、15分以内までなら許容範囲でした。

車庫上は冷蔵庫の上に住んでいるような寒さと言われています。

光熱費は節約したかったので、車庫上のお部屋は候補から外しています。

2階以上は1階部屋より防犯面で多少優れていますが、業者を装って窓から入られる可能性もあります。

女性は2階以上を選んだ方がいいですね。

ガス暖房と灯油暖房だったら、灯油暖房が暖かくコスパが良いです。

注意したいのが、プロパンバス暖房の物件です。これがマジ金食い虫です。

ガス定額制じゃない場合は、ひと月に2~3万円かかった!なんて話も聞きます。

しかも、あまり暖かくないという・・。

家賃が安くてもプロパンガス暖房の物件で定額制じゃない場合は、避けたほうが無難です。

日当たりの悪い部屋はマジで寒いです!

以前、家族で住んでいた部屋は、北よりの北東向きの部屋でしたが、めちゃくちゃ寒い(T_T)

居間は南向きでめちゃくちゃ暖かい。

北海道では、夏に涼しいより冬に暖かいを取った方がいいです。

冬の暖房費も変わってきます。

できれば欲しい条件

例えば、こんな条件↓

・コンビニが徒歩圏内!

・ドラックストアが徒歩圏内!

・角部屋!

重要度「中」くらいの条件です。

絶対欲しい条件がそろっていて、且つあれば選ぶ基準になる条件。

私が提示した条件↓

・近くにスーパーある

・灯油暖房で都市ガス

・鉄筋コンクリート

理由

私は収入が少ないので、自炊多めを予想していました。

自炊するためにはスーパーへの買い出しが多くなりますので、近くにあったら便利です。

自転車を持っているので、徒歩15分くらいなら許容範囲でした。

暖房が灯油で、給湯が都市ガスという組み合わせが一番コスパがいいので希望していました。

絶対条件が満たされていて、灯油暖房+都市ガスがあればという感じでした。

鉄筋コンクリート造は、冬場に活躍します。

木造や鉄骨造の部屋より暖かいです。

ただし、結露しやすかったり、北向きだとカビが発生するリスクがあります。

以前、家族での引っ越しの時に鉄筋コンクリートの部屋を見せてもらったんですが、北向き和室の窓近くが見事にカビだらけでした・・(笑)

あればいいかな?条件

例えば、こんな条件↓

・ロフト物件

・中部屋

・バルコニー付き

重要度「低」な条件です。

選ぶ際の基準にはならないけど、同程度の物件で迷った時に、これらがあれば選ぶかも?という条件。

私の場合↓

・駐輪場

・オートロック

理由

駐輪場は、自転車を使う場合は必須ですね。

折りたたみ自転車の場合は自宅玄関に置くことができます。

オートロックは、防犯面から条件に入れてみました。

しかし、オートロックだからと言って安心はできないという話をよく聞きます。

マンション・アパートの住人にくっついて、不審者が入ってくる可能性もあるそうです。

あと、オートロックの物件は家賃相場が高くなります。

モニター付きインターフォンの方が防犯面は良いです。

家はモニター付きインターフォンですが、画面で誰が来たのか確認できますし、NHK徴収員やセールスマンだったら居留守を使う事もできます(笑)

まとめ

絶対外せない条件、できれば欲しい条件、あればいいかな?条件を決める。

気になっている物件をメモしておく、不動産屋さんに事前予約をする。

時間に余裕を持った方が納得いく物件に巡り合える可能性が高くなります。

2か月くらい前から物件を調べだす、不動産屋に行くのは1か月前くらいからがオススメです。

私が物件調べるのに使ったサイトが、SUUMO、HOME’S、CHINTAIです。

エアコン・暖房の有無、日当たり、ロフトありなど条件検索ができるので、探しやすいです。360°カメラなど、自宅にいながら内覧できるサービスもあります。

わかな
全ての条件を叶えるのは至難の技なので、多少は妥協しなければなりませんが‥。

この記事が皆さんのお部屋探しのヒントになると嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました(_ _)

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!