【ネタバレあり】JIN-仁アンコール重版8巻のあらすじ・感想

この記事はネタバレを含みます。
ネタバレOKな方のみお読みください。

大あらすじはこちらの記事↓

関連記事

数年前にドラマ化したJIN-仁(ジン)というマンガを読みましたので、感想を書いてきます。 当時、一緒に働いていたバイト先のパートさんが「JIN」のドラマ面白い!と言っていたので気になっていました。 kindleで「1・2巻無[…]

<アンコール重版8巻の流れ>

①ペニシリン偽薬疑惑?

②フランスか?奥医師か?

③澤村田之介の脚切断手術

④坂本龍馬のいる京都へ向かう

⑤本陣主の孫「松五」

⑥佐分利医師の婚礼

 

大まかな流れはこんな感じです。

私は医療に詳しくないので、多少医療用語が間違っているかもしれませんが、ご容赦ください(__)

スポンサーリンク

①ペニシリン偽薬疑惑?

南方・咲・千吉は野風夫妻を見送ったあと、江戸へ戻る。
勝海舟の次男 四郎が亡くなる。

南方は松本良順に会いに行く途中、武士たち揉めるが陣幕久五郎に助けられる。

松本良順は南方に奥医師にならないか?と尋ねる。
南方は考えさせてくれと、返事を一旦保留にする。
それを近くで聞いていた三隅俊斉が、今度こそ南方を消し去ろうと不気味な笑みを浮かべる。

ある日、南方は奉行所に連れていかれ、取り調べを受ける。
ペニシリンが偽薬だという疑惑があがったため。
南方から伝授されたペニシリンを投与したことで、重篤・死に至った者が出たと、5人の医師や患者家族からの訴えが上がった。

南方はいったん牢に入れられる。
松本良順と多紀元琰は、なんとか南方を助けられないかと作戦を練る。

南方を助けるため、横浜にいる西洋医師たち・公使・領事が請願書を幕府に提出する。
南方はロッシュ公使から、フランスへの招待を受ける。

②フランスか?奥医師か?

南方は釈放されて、仁友堂に戻り、事の顛末を仁友堂の皆に話す。
ペニシリンを偽薬と訴えた5名の医師は姿をくらました。

南方は龍馬暗殺のことが気がかりで、フランスからの招待もいったん保留にする。

ある日、フランスの野風から南方の元に手紙が届く。
野風は、夫ルロンとパリで生活しているという。
もし、フランスの招待を受ければ、野風の最期を看取ることもできると南方は悩む。

その後、松本良順と三隅俊斉が南方の元へ訪ねてくる。南方の疑いが晴れたと。
ペニシリンを偽薬と訴えた5名の医師が、遺書を残し集団自殺をしたという。
遺書には、自分たちが作ったいい加減な薬を患者に与え問題を起こし、共謀してそれを南方のせいにしたということが書かれていた。

奥医師か、フランスか、良順は南方に返事を求める。
南方は奥医師、フランス行きを断る。坂本龍馬を助けるために京都へ行く決心をする。
三隅は、まだ南方を抹殺するチャンスがあるとほくそ笑む。

③澤村田之介の脚切断手術

ある日、澤村田之介が仁友堂に訪ねてくる。
田之介は坂東吉十郎と同じ、鉛中毒(脱疽:だっそ)になっていた。
他の医師たちに見せても、脚を切断するしかないと診断される。
田之介は舞台に立てなくなるのはイヤだと言い、それを拒否していた。
南方も切断しないと命取りだと田之介に言うが、田之介は帰ってしまう。

仁友堂のみんなで話し合い、龍馬の命を救うため、全員で京都へ行くことになる。
京都までの護衛として咲の兄 恭太郎を連れて行くことになる。
以前、豆電球を渡した田中久重から南方の元へ「電灯」が届けられる。これを使えば、夜でも手術することができる。

南方一行は京都へ向かう。
途中、神奈川から横浜へ行き、そこで南方と咲は野風に送るための写真を撮影する。

横浜から出発しようとする南方一行の元に、坂東吉十郎の息子 与吉が訪ねてくる。
田之介の脚を南方に切ってほしいと言う。

田之介を横浜ヘボン医師の元へ連れて行き、ヘボン医師と仁友堂の医師たちで手術することになる。
田之介は脚の切断を最後までためらうが、与吉の説得で切る覚悟をする。
切断手術は無事成功。

舞台に立ちたい田之介には、ヘボン医師から義足が送られるという。
南方一行はヘボン医師に田之介のことをお願いし、再び京都へ旅立つ。

④坂本龍馬のいる京都へ向かう

龍馬は妻のお龍を下関に残し、兄と姉に会うために実家へ戻っていた。

南方は箱根宿へ向かう途中、何者かに襲われそうになるが、恭太郎がそれを阻止する。

南方一行は各地の宿で、病気の患者を診察しながらゆっくりと京都へと向かう。

⑤本陣主の孫「松五」

金谷宿でいたずら少年 松五(しょうご)と出会う。
南方・咲が助けられなかったお初にそっくりな男の子だった。

夜、松五が蓮台から足を踏み外して、ケガをしたという知らせが南方たちのもとに入る。
南方たちは、松五の緊急手術をすることになる。

しかし、手術中に咲がお初の手術のことを思い出し、手が動かなくなってしまう。
咲の代わって、山田医師が南方の助手をやる。
手術は無事成功するが、何もできなかったことに落ち込む咲。

松五の術後の経過をみるために、南方一行は金谷宿にしばらく滞在する。
咲はこのまま南方たちに付いて行っても自分は役立ちそうにないからと、金谷宿に残ると言う。

南方は自分の新米時代の失敗を語り、咲を元気づける。
「鬼手仏心(きしゅぶつしん)」
心は仏のように慈愛深く、治療を施す手は鬼神のごとくせよと。
心は弱いから迷うが、修練を積んだ手は裏切らないという意味でもある。
自分の手を信じましょうと、南方は咲に言う。

抜糸まで退屈そうにしている松五に、咲はイカヒコーキの折り紙を教える。

⑥佐分利医師の婚礼

松五の抜糸が終わり、咲を説得し、順調に旅を続ける南方一行。
途中、佐分利医師の実家 和歌山城下に入る。

南方一行は佐分利医師の長兄「総左ェ門(そうざえもん)」 (醤油製造の当主)にあいさつし、同時に徳川慶喜みずからが幕府に幕を閉じたことを知らされる(大政奉還)。

婚礼前、南方は佐分利医師に、家庭を持つなら仁友堂のような貧乏医院で働くより、医師として成功する道に進むべきでは?と言う。
佐分利医師は成功するためには、南方のような神医術の知識が必要だと言い、これからも仁友堂で働きたいと言う。

婚礼時に、南方はお初のときのような不思議な感覚をおぼえる赤ん坊に出会う。
名前は「南方熊楠(みなかた くまぐす)」という。

感想

また三隅俊斉‥/(^o^)\
今まで散々(ほぼ無償で)助けてもらっているのに、南方に手のひらを反す民衆の様子がひどい・・。千吉も言っていたけど。
現代でもこういう所ありますよね(;´∀`)
これは南方先生もイヤになるわー、全て俊斉が悪いわけですが‥。

パラレルワールドは話ですが、南方たちがフランスへ行っていたらどうなっていたんでしょうかね?(^^;)
龍馬は殺されるでしょうが、また歴史が変わったのかなー。

田之介わがまま過ぎ/(^o^)\
江戸から横浜まで走ってきた与吉すごいな。根性も体力もセンス(?)もあるし、よい役者になれそうですね。

南方先生ほんとうに利口で理想のリーダーですわ(^^)
失敗は自分の責任、成功はみんなのおかげとしている。
自分の名誉より、家族の安心を優先させる。現代でも中々できる人はいない。

初登場の時から思っていましたが、佐分利先生ってイケメンですよね(^^)
給料より南方の医術を学びたいという熱心さで、将来良い医者になりそうですね。
恭太郎も久々の登場ですが、やっぱりイケメン。

マンガで描かれていませんが、熊楠は南方の祖先ですよね、きっと。
熊楠のエピソードで、子供の頃に本屋で百科事典を立ち読みし、記憶をたよりに105巻もの本を自宅で筆写したと書かれています。
記憶力の化け物ですかw(^^;)

次9巻↓

関連記事

この記事はネタバレを含みます。 ネタバレOKな方のみお読みください。 大あらすじはこちらの記事↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.komacha10800.com/jin[…]

前の7巻↓

関連記事

この記事はネタバレを含みます。 ネタバレOKな方のみお読みください。 大あらすじはこちらの記事↓ [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.komacha10800.com/jin[…]


ニート日記ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!