一人暮らしのベッド選びは、すのこ4分割ひのきベッドがおすすめ

わかな
寝床って大事ですよね。
ねこ先生
吾輩は高い所で寝るのが好きだにゃ~。

皆さんは寝具にはお金をかけていますか?

私は貧乏ですが寝具にお金をかける派です。

スポンサーリンク

睡眠は一日の行動に影響

1日集中力を持続して行動できるのも、健康を維持できるのも、仕事中居眠りしないのも、年齢より若く見えるのも質の良い睡眠のおかげだと思っています。

そして、人生の1/3は寝ているという言葉を聞いてからは寝具にお金をかけるように心がけています。

布団とベッドのメリット・デメリット

布団派の人もいると思いますが、一人暮らしの狭い部屋でもベッドをおすすめします。

布団とベッドのメリット・デメリットはこちらのサイト様にまとめられています↓

futon-concierge.com

家が大きい実家の場合と一人暮らしでは、また変わってくると思うので私がベッドを買った時に感じたメリット・デメリットをまとめてみます。

スポンサーリンク

布団(一人暮らしの場合)

メリット

・一人暮らしの部屋に押入れがある場合は収納できる

・寝相の悪い人は落ちる心配がない

・天気のいい日に外干しできる(ベランダ・引っ掛け棒がある場合)

・クリーニングできる

スポンサーリンク

デメリット

・床に近い為、ホコリを吸いながら寝る事になる

・床が冷たい(夏はいいけど、冬は寒い)

・押入れがない場合は収納場所がない

・敷きっぱなしだと布団が湿ってくる、カビる

スポンサーリンク

ベッド(一人暮らしの場合)

メリット

・起き上がるのが楽、腰痛や膝痛持ちの人に良い

・寝ている時の床ホコリを吸わなくて済む

・収納しなくていい

スポンサーリンク

デメリット

・部屋が狭くなる

・ベッドがあると掃除がしにくい

・ベッドマットレスは洗えない

・移動や処分が大変

すのこ4分割ひのきベッドはベッドのデメリットをほぼ解消してくれる

一人暮らしは部屋が狹いし、模様替え・引越しで移動や処分する場合も大変です。特に力のない女性の場合。

私がベッドを選ぶ時に基準にした事

・一人で移動ができ、簡単に組立ができるもの

・長く使えるもの(壊れたら処分が大変なので)

・耐荷重があり、丈夫なもの

・余計なものがついていないシンプルなもの

・カビが怖いので、通気性のいいもの

高い買い物なので、何日も悩みました。

・折りたたみベッド

真ん中の部分がもろい可能性がある、きしみやすい。耐荷重が100kg程の物が多い。組立が複雑。ローラーが付いているものは床を傷つける。

・ソファーにもできる2分割布地ベッド

耐荷重が90kg程のものが多い。分割部分がちょうど腰の所にくるので腰痛になる可能性がある。移動時に重い。

・普通のベッド

ロフト付き物件に引越した場合は置き場に困る。一人で移動ができない。

・すのこ4分割(ひのき)ベッド

一人で移動ができる。耐荷重150kgと頑丈。ひのきベッドなので長持ち。ヒノキはリラックス効果がある。4分割なので処分する場合も楽。すのこなので通気性がいい。

スポンサーリンク

ベッドの木材別の特徴

こちらのサイト様にまとめられています↓

www.asunoko.jp

・桐

値段が高い。軽い。丈夫。湿気に強い。断熱保温効果がある。

・ひのき

値段が高い。重い。防腐性、虫に強い。湿度に強い。木のいい香りでリラックスできる。丈夫。長持ち。

・杉

値段が安い。断熱性に優れている。湿気の調整力に優れている。桐、ひのきよりは長持ちしない。

・パイン材

値段が安い。木の香りでリラックスできる。見た目がきれい。桐、ひのきよりは長持ちしない。

スポンサーリンク

すのこ4分割ひのきベッドの魅力

うちにあるのがこんな感じです。

ベッドはベッドでも、すのこベッドと言います。

ベッドに隙間がある事によって熱がこもらず、カビる可能性が低くなります。

ベッドとして

届いて開封したらヒノキの良い香りがしました。

組立も簡単で、すのこに足をクルクル回して付けるだけです。所要時間15分。

ちょっとお高い(安価ベッドの4倍の値段)ですが連結板を使えば軋まないし、ヒノキなので長持ち、布団使用もOK、耐荷重150kg、一台ずつ移動ができるので掃除も楽です(1台10kg前後はあると思います)

※すのこベッドには布団使用OKなもの布団使用NGなものがあるので購入前によく確認しましょう。

楽天のセール時に買ったのでポイントも付いて、少しお安く買えました。

スポンサーリンク

他の使い方

ベンチに出来ます。

来客時に余分な椅子を買わなくてもいいですね。

棚にもなる。

くぼみに足を入れる事によって棚になります。

もし、ロフト付き物件やベッド付き物件に引越しベッドが不要になった場合は棚として使う事が出来ます。

すのこ4分割ベッド裏技的な使い方

連結板使うと掃除の時めんどう、かと言っていちいち外すのも手間。連結板を使わなかったら寝返り打ったときに軋んじゃうし・・。

どうしたらいいかと考えました。

他の方のレビューで、数ミリ~数センチ空けて使っているという方がいました。

なので私も真似して使ってみました。

連結板使わなくても軋まなくなりました。

ベッド(布団・マットレス使用時)、ベンチ、棚どのように使っても耐荷重は150kgで変わらないそうです。

※気になったのでメーカーに聞いてみました。

ベッドの購入を検討されている方、床に布団を敷いて寝ている方は是非!

スポンサーリンク

まとめ:すのこ4分割ひのきベッド

買ってから1年程経ちますが、とても使い勝手がいいです。

マットレスが苦手な方はベッドの上に布団を敷く事もできます。

値段は高いですが、安くて弱いベッドを数年で買い換えるよりしっかりしたベッドを何年も使える方が私はいいと思います。処分するのも手間ですし(^^;

何より人生の1/3を過ごす寝床をより良いものにした方が人生豊かになると思います。

現在2019年6月11日まで楽天スーパーセールで割引&ポイント12倍で購入できるようです。ボーナスや増税前の購入にもおすすめです。

スポンサーリンク

番外:私がベッドに使っているアイテム紹介

他に私が使っている寝具を紹介します。

睡眠は一日の行動に影響

ニトリNクールダブルスーパーはひんやりしていますが、30℃超の日はぬるい

真夏の30℃超えの日はぬるいですが、冷感・パイルとリバーシブルになっているので初夏や秋などに使い勝手が良いです。

スポンサーリンク

家具用ソックス

ベッドの脚にはフローリングを傷つけない為に脚にはこちらを履かせています↓

ちょうど必要な脚分入ってます。猫あしが可愛いです。

こちらの商品は椅子やテーブルの足に履かせて床を傷つけないようにする物ですが、私はベッドに使わせてもらっています。

多少引きずっても床が傷つかないところがいい。

 マットレス

実はベッド本体よりマットレス選びの方が重要なんですよね。

一人でも運べて腰が痛くならないマットレスを探しました↓

高反発マットレスです。体圧分散してくれて腰への負担を減らしてくれます。

値段も5000円前後で買えます。(値段変動あり)

すごく小さなダンボールに丸めた状態で圧縮されて届きました。

平らな元の状態に戻るまで数時間かかるようです(室温によって時間が違う)。

厚さ3cmと薄くても不思議と底付き感がないです。

そのまま床に敷いても、布団の上に敷いてもOKだそうです。

布団の上にも敷いてみましたが、本当に宙に浮いてるような感覚でした。

低反発の様に沈みこまないので、腰への負担が軽減されます。

1年使っていますが、ヘタってないです。

1年以内で不具合が出れば、交換してくれます。

欠点が洗えない所ですね。

カバーは洗濯機で洗うことができます。

スポンサーリンク

 まくら

まくら選びって本当に難しいですよね(^^;)

まくらが変わったら寝られないという人もいるくらいです。

私が使用している枕は、現在は取り扱っていないようです。
安っぽさが全然なく、しま○らで買った600円まくらより全然いいです。

首も多少楽になりました。
初日は中々寝付けなかったのですが2日目からは快眠できました。

マットレス同様に洗えないのが難点かな・・。

洗える枕で気になったのがこちら↓

寝ている時はコップ一杯分の汗をかくというので、やはり洗える方が清潔感があるように思えます。こちらのまくらはAmazonでも評価が高いです。

以上になります。

小さい頃はウォーターベッドなどにも憧れていましたが現在使用しているベッドに大満足です。一人暮らしはスペース確保が大変ですので色んな用途に使えるベッドはありがたいです。

これからベッド・寝具の購入を考えてる人の参考になれば幸いです。

見てくださった方々ありがとうございました!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!