Photoshopで雪を降らせてみました。キャラクターはおまけ。

動画編集ソフトじゃないけど、Photoshop(画像編集ソフト)を使って雪が降るGIFアニメーションを作りました。

わかな
しかし、雪や雨を降らすアニメーションは「AfterEffect」の方が楽だし速く作れます。
Photoshopでの作り方は、雪の粒を「〇秒後に△の位置まで移動する」と指定するだけですが、1粒1粒レイヤーを使って設定しなくてはなりません。レイヤーの数も膨大です(笑)。
そしてデータが重い・・。AfterEffectは粒が噴射するエフェクトがテンプレートとして入っていて、粒の「速度」「量」「ランダム性」「方向」などが指定できるので、こちらの方が楽に作れますね。
YouTube

説明:エフェクトを使って、写真の上でリアルタイムに動く雪や雨のアニメーションを合成する手順を解説します。 この動画はly…

こちらも結構重たいですが‥。
ねこ先生
そもそも「AfterEffect」は動画用、「Photoshop」は画像用の編集ソフトだしね。
私は作った事がありませんが、3DCGでも作れるソフトがあるようですね。
Photoshopで目をパチパチさせてアニメーション記事↓
関連記事

Photoshopという画像編集ソフトで人物の目を瞬きさせてみました。 アニメやノベルゲームでもよくやっているやつです。 こちらで作った画像を加工しました↓ https://www.komacha10800.com/wordpre[…]

Photoshopで雨を降らせたアニメーション↓
関連記事

Photoshopで雨を降らせるアニメーションが簡単に作れると聞いて、やり方を見ながら作ってみました。 わかな 簡単‥?拘りだすと簡単じゃなくなります(笑) ねこ先生 イラストや動画はある程度妥協しな[…]

背景画像を用意する

ぱくたそさんから良さそうなフリー画像をお借りました。
青っぽい無地の背景でもいいのですが、写真の方がなんとなく雰囲気がある気がしたので‥。

雪の粒を置く

背景画像はいじらないように鍵(ロック)をかけて別のレイヤーに雪の粒を置きます。
鍵をする事で、間違って背景画像を編集してしまうのを防げます。

雪の粒の移動指定をする

最初は画面外に雪の粒を配置します。
雪のアニメーションに見える秒間にキーフレームを打ち、移動したい位置に「移動ツール」を使って指定していきます。
キーフレーム♦を打って、3秒後に赤丸印の位置に来るように指定しました。
わかな
例えば、この時5秒でこの位置に来るようにすると、落ちてくるスピードがゆっくりになります。
ねこ先生
逆に、1秒でこの位置に来るように指定すると、落ちてくるスピードが速くなるよ。
丸印の位置に指定した後は、更に4秒後に下方向画面の外に来るように指定しました。
落ちるスピードを変えるには、キーフレームの間隔(♦と♦)を空けるor狭めるか、移動距離を長くor短くする必要があります。
わかな
コツとして、雪はまっすぐに落ちるより、多少左右に揺れていた方が雪っぽく見えます。
ねこ先生
よりリアルな動きを付けるには、S字状に細かく指定していくと良いよ。
参考動画↓

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと…

こちらはCILPSTUDIOというソフトを使って一枚一枚書いているみたいですね。
雪の動きがリアルでとても参考になります。

雪の粒を量産する

同じ要領で、雪の粒を量産していきます。
雪の粒の大きさを変えて遠近感を出したり、スピードやタイミング、最初の位置を変えてそれぞれ作っていきます。
わかな
ちなみに私は雪の粒だけで20レイヤー使いました(笑)

キャラクターと合わせてみる

雪のアニメーションだけだと寂しいので、簡単なキャラクターを描いてみました。
若干加工して、先ほどのアニメーションと合わせて完成です。
吐息は不透明度と位置のキーフレームを組み合わせて表現しています。
背景はPhotoshopのぼかし(ガウス)機能を使ってぼかしています。
わかな
6秒ほどのアニメーションですが、データ量が1.89MBもあります。結構重い・・。
ねこ先生
WordPressにデータをアップロードするのに10秒くらいかかったよ。

まとめ

Photoshopで雪アニメーションを作るのは、出来ないこともないけど結構大変だという事が分かりました。
雪や雨は「AfterEffect」の方がお手軽ですね。
(私のパソコンでは、もう使えませんが‥)
わかな
お絵描き・動画編集・ブログは、一度着手すると作業に没頭してしまいますね。
ねこ先生
お絵描き&動画編集&ブログ楽しす。

以上
Photoshopで作る雪アニメーションでした。
最新情報をチェックしよう!