現在、ブログデザイン移行中につき、表示が乱れる場合があります。ご迷惑をおかけしていますm(__)m

イタリア産とトルコ産のパスタを食べ比べてみた

  • URLをコピーしました!

いつも安いパスタだったので、イタリア産(安いけど本場?)のパスタって美味しいのかなと思い比べてみました。

というのは建て前で‥セーコーマートで特定のパスタを買うとパスタソースが無料でもらえるキャンペーンやっていたので、釣られて購入しただけなんですけどね(笑)※現在はキャンペーンは終了しています。

結論は‥

私のビンボー舌じゃ味の違いは、わからん!です。

ちなみにパスタ容器で茹でたので、両方味は期待できません(^^;)

あわせて読みたい
回る小さい電子レンジでもパスタは茹でれます。 一人暮らしの方が便利だと言って使っているアイテム、100均でパスタを茹でる容器を買ってきました! これでパスタを鍋で茹でなくて済む・・と思っていたのですが、うちに...
目次

トルコ産とイタリア産のパスタ

左がトルコ産(300gで54円)、右がイタリア産(500gで159円)、キャンペーンでもらったパスタソース(2食分)です。

値段だけ見ると、トルコ産が激安なのが分かります。

トルコパスタ2個(600gで108円)買ってもイタリア産のものより安い。

パスタソースは「たらこ風味」。私がいつも行く安いスーパーで買ったら159円です。
カロリーは1食分107kcal。

パッケージ比べ

トルコ産パスタの平均ゆで時間は6~7分。
100g当たりのカロリー365kcalとなっています。

イタリア産のパスタの平均ゆで時間は7~12分。
100g当たりのカロリー355kcalとなっていました。

注意書きを見ると、イタリア人は固ゆでが好きだから、7分は固いって事ですね。

麺比べ

画像分かりづらいですが、イタリア産の方が麺が太いです。

ゆで上がり麺の比較。

同じ12分で作りましたが、イタリア産の方が麺が固い・・。

※パスタ容器で作ると、鍋でゆでる場合の倍の時間がかかります。

麺が太い=ゆで時間がもっと必要って事ですね。
鍋でゆでて7分だから、パスタ容器で ゆでる場合は最低14分必要って事ですね。

後日、イタリア産のパスタの温め時間を14分で作ってみました。
トルコ産と同じ固さになりました。この固さがちょうどいいですね、どちらも美味しい。

 味が同じなら、温め時間も短くて、値段も安いトルコ産パスタの方がコスパよしですね。

まとめ:味は変わらない

麺の太さの違いはありますが、味はどちらも美味しいと思います。

イタリア産だから、美味しいって事もないと思います。

私の個人的な感想を言わせてもらうと、

パスタ麺というより、味は好みのパスタソースに左右されると思います。

今回は「たらこ」でしたが、私は明太子の方が好きなので、好きなパスタソースだと、もっと美味しく感じるんじゃないかなぁと思います。

以上
イタリア産とトルコ産パスタ比較でした。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる